きまぐれブログ

日常で気になった事、多くの人に知ってもらいたい事を中心に発信できればなと思っています。宜しければきまぐれに、覗いていってください

【きまぐれ料理】トマトジュースで作るトマトパスタ(うどん)

 

 

 

   こんにちは、ONIONです。

 

 

 

 

   今日は私の大好きな「トマトジュース」を使った料理をご紹介できればなと思います。そのまま飲む以外にも、料理で大活躍する食品なので、今回の記事が皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。トマトジュースと言っても様々な種類がありますが、今回はデルモンテが出している「リコピンリッチ」という商品を使ってトマトパスタを作っていこうと思います。最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

 

 

・「トマトパスタ」材料


f:id:onion1124:20190915120330j:image

 

   材料はこんな感じです。トマトパスタと言いましたが、家にパスタがなかったので、たまたま家にあったゆでうどんで代用しようと思います。えのき、舞茸、アボカド、ハム、冷凍餃子を具材として加えていこうと思います。冷凍餃子を加えた料理はマイブームなだけなので、無理に入れる必要はないと思います。その他、調味料とお好みで生卵とチーズも使います。

 

 


f:id:onion1124:20190915121305j:image

 

   まずは具材をフライパンで炒めていきます。冷凍餃子は凍っているので、キッチンバサミで細かく刻んで入れると早く火が通ります。入れる順番としては、最初に冷凍餃子を入れて水気を飛ばし、ある程度ほぐれてきたら、オリーブオイルを加えて、残りの食材を入れていく感じでいいと思います。軽く塩コショウをふって炒めていきます。

 

 


f:id:onion1124:20190915122259j:image


f:id:onion1124:20190916074427j:image

   

   ある程度火が通りましたら、そこにトマトジュース、ケチャップ、みりん、バター、牛乳を加えて煮込んでいきます。塩分がある方が好きな方は、コンソメなどを加えても良いかもしれませんね。塩を加えたりして味を整えたら、うどんとアボカドも加えてよく混ぜ合わせます。

 


f:id:onion1124:20190916075002j:image

 

   ある程度加熱したら、火を止めて卵黄を全体に絡ませて完成です。

(味が薄かったのでケチャップを追加しました)

ゆでうどんは値段も安いし、手間なくそのまま使えるので愛用しています。

 

 


f:id:onion1124:20190916080814j:image

 

 

 

…では、今日はこの辺で失礼します。

 最後まで読んで頂きありがとうございました。

またの記事でお会いしましょう。

 

【らぁ麺 紫陽花】芸術品のような美しいラーメンの話。

 

 

 

 

   こんにちは、ONIONです。

 

 

 

 

 先日、とあるラーメン屋さんに行ってきました。

らぁ麺 紫陽花」(らーめん あじさい)という愛知県の方ではかなりの人気店です。愛知県では1、2を争うほどの人気で、並んでまでも食べたい一杯だと言われています。結論を言えば、醤油ラーメンがとにかく美味しい!今までに飲んだことのないスープの味で、醤油ラーメンの概念が変わりました。

 

 

 

 

 

・「らぁ麺 紫陽花」場所

 

 

   「地下鉄名港線六番町駅から徒歩15分ぐらいの場所にありました。車で行く場合、店の横に駐車場が設けてありますが、数台しか停めるスペースがないので、電車で行くことをオススメします。車を停める場所が無くて、困ったようすのお客さんを何組か目にしました(´д`|||)

 

 

 

   開店15分前に行ったのですが、店を囲うような形で15人ほどの先客が既にいました。「開店前でもこんなに並ぶんだ、やっぱり人気店は違うなぁ」なんて思いながら、その列の後ろに並んでスマホをいじって待っていました。

 

 

 

   スマホの画面に目を落としていると、後ろから「すいません…」という声が聞こえてきました。振り返ると、そこには知らないおじさんが立っていました。

 

 

 

おじさん : 「最後尾はこっちですよ」

わたし : (ん…?、最後尾?)

 

 

 

   おじさんが指差す方を見てみると、そこにも長蛇の列ができていました。そうです、私が最後尾だと思っていた場所は列の中間地点で、道路を挟んだ向こう側にも先客がいたのです。なんか私が横入りした奴みたいになっちゃって、すこし気まずかったです(°▽°)

 

 

 

   道路の向こう側には20人ほどいたと思います。人気ラーメン店というものを、少し見くびっていました。これは並ぶかどうか少し迷いましたが、せっかくここまで来たというのと、なんかここで帰ったら負けな気がして並ぶことにしました。

 

 

 

 

…結果、1時間並びました(汗)

炎天下だったので汗が噴き出てきましたが、店の方がとても親切で紙コップに冷たい麦茶を注いで、外で待つお客さん一人一人に配っていました。こういう細かい気づかいも人気の理由の一つかもしれませんね。

 

 

 

 1時間待ち、ようやく店内に入ることができました。注文は券売制で、今回は「特製醤油らぁ麺」(980円)を注文しました。大盛が無料というのは嬉しいポイントです。

ドキドキしながら、待っていると…

 

 

 

 


f:id:onion1124:20190914174320j:image

 

 

 「紫陽花」名物の醤油ラーメンがやってきました。

今までいろんなラーメンを食べてきましたが、「美しい」という感情になったのは初めてです。白い器に注がれた透き通ったスープの輝き、美男美女は白シャツ切るだけで映えると言われがちですが、まさにそんな感じでした。どんぶりの下の受け皿も上品なデザインで、お洒落は足元からと言わんばかりに、全体像を美しくまとめていました。

 

 

 

 味ももちろん美味しかったです。あっさりとした醤油のスープでだしの風味が伝わってきます。中華というよりも和風な感じで、美味しいお蕎麦屋さんが「醤油ラーメン、始めました」という感じ。平打ちストレート麺のつるつるとした食感も印象的でした。

 

 

 

 チャーシューは、豚と鶏の二種類入っていました。豚のチャーシューが特に美味しく、レアな感じがたまりません。スープの熱で固くならないように、最初に食べることをお勧めします。具材の一つ一つがどれも美味しく、添えられた三つ葉一つとってみても、そこに行きつくまでの物語がありそうで、店主の方のこだわりが伺えます。

 

 

 

 

 …以上、「らぁ麺 紫陽花」のご紹介でした。

芸術品のようなラーメンを堪能できるので、愛知県に来た際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。多少の待ち時間はありましたが、待つだけの価値は十分にあると思います(*´▽`*)

 

 

 

 

 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

 

【ちょっと今から人生かえてくる】超ベストセラーのサイドストーリー

 

 

 

   こんにちは、ONIONです。

 

 

 

 

   今日は本紹介の記事になります。読書の秋という事で、最近読んだ小説について書いていこうと思います。今日、ご紹介する小説は北川恵海さんの『ちょっと今から人生かえてくる』です。前作の『ちょっと今から仕事やめてくる』の続編という事で気になって買いました。前作では、ブラック企業に勤め自殺にまで追い込まれる青山、それを助ける「ヤマモト」と名乗る謎の男、この二人を中心に描かれていました。

 

 

   
f:id:onion1124:20190912072143j:image

 

 

   本の帯には「待望の続編」と書かれていますが、読んでみると続編というよりは前作のサイドストーリーという感じでした。ネタバレしない程度に一部紹介すると、前作では、青山の勤めるブラック企業の先輩に、五十嵐という人物が登場しました。青山にとっては、仕事ができる憧れの存在でしたが、ある事件が起こりました。

 

 

 

 

   青山がコツコツと信頼を築きながら取ってきた大手の契約を、五十嵐が横取りするのです。横取りの仕方がまた卑劣で、取引先には青山がミスをしたように見せかけて、それを先輩である自分がフォローする、結果、青山の株は下がり五十嵐は甘い蜜を吸いました。これがきっかけになって青山もブラック企業を辞める決断ができた訳ですが、それにしても五十嵐は汚いやつでした。前作では、私もこの五十嵐に腹立たしさを感じていました。

 

 

 

 

   今作では、そんな五十嵐についても描かれています。周りから羨望の目で見られるが故の悩み、自分の弱音を吐く相手がいなくて逃げ場がないことによる心の疲弊。青山だけでなく、五十嵐もブラック企業の中で追い込まれていたことが分かりました。順調に見える人でも、裏では苦労があったり、無理をしすぎて心も壊れている場合があると思うので、軽はずみに「悩みが無さそうで良いね」、「仕事ができるね」という発言をすることは、知らず知らず相手の首を絞めているのかもしれないと思いました。

 

 

 

 

   そんな五十嵐の前に現れた「謎の男」、その人物が現れたことによって五十嵐の心も変化していきます。また青山がその後、どうなったのかも描かれていて、前作で気になっていた事がしっかりと押さえてありました。気になる方は是非読んでみて下さいね。

 

 

 

 

ちょっと今から人生かえてくる (メディアワークス文庫)

ちょっと今から人生かえてくる (メディアワークス文庫)

 

 

 

 

…では、今日はこの辺で失礼します。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

また次の記事でお会いしましょう。

 

【拉麺小路】京都駅ビルにあるラーメンスポットの話。

 

 

 

 

   こんにちは、ONIONです。

 

 

 

   

   先日、京都駅ビルにある「拉麺小路」という場所に行ってきました。拉麺小路には全国の有名なラーメン屋が集まっており、ご当地の味を楽しむことができます。ラーメン好きには堪らない場所です。京都駅ビルには飲食店がたくさんあるので、京都駅に訪れた際の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

・「拉麺小路」概要


f:id:onion1124:20190909211458j:image

 

   「拉麺小路」は、京都駅ビル10階にあります。全国から9つの人気ラーメン店が出店しており、京都にいながら全国のラーメンをすすることが出来ます。和風な入り口を通り抜けると、少し薄暗い通路の両脇に各ラーメン店が並んでいます。全店確認した訳ではないので断言は出来ませんが、ほとんどの店が券売機制で、入口横に券売機が設置されていました。

 

 

 


f:id:onion1124:20190909215123j:image

 

   内部はこのようになっています。先ほどの和風な入り口は、「麺屋はなび」側の玄関口になります。ちなみに麺屋はなびは、名古屋代表です。個人的には名古屋といったら、味仙の「台湾ラーメン」の印象が強いので、少し意外でした。東京からはつけ麺で有名な「大勝軒」が出店しています。カップ麺や袋麺などでよく見る名前なので、かなり気になるところです。

 

 

 

 

 

・「ラーメン 東大」(徳島県


f:id:onion1124:20190909221606j:image

 

   今回は、徳島代表の「ラーメン 東大」に行ってきました。ラーメン界の東大を目指すという意味から、この名前のラーメン屋なったそうです。調べたところ、徳島ラーメンはスープの色から「白系」、「茶系」、「黄系」の3つに分類されるようです。東大のラーメンは「茶系」に分類され、豚骨醤油系のラーメンでした。すき焼きのような甘味があり、甘しょっぱい味わいです。

 

 

 

   今回は「東大スペシャ」(1300円)を注文しました。バラ肉はとろとろで、とても美味しかったです。少し変わったサービスを紹介させて頂きますと、東大はテーブルに生卵が置かれています。トッピングとして別料金で生卵を販売する店が多いと思いますが、ここの場合はなんと無料です。ご自由にどうぞという感じで置かれています。すき焼き風なので卵はもちろん合いますし、しかもそれがタダというのはとても嬉しいです(o^-^o)

 

 

 

   いまいち生卵をどう食べたら良いのか分からなかったので、別皿で卵を溶いて、そこに麺をつけて、つけ麺方式で食べました。スープはごはんとの相性も良さそうだったので、ライス頼めばよかったと少し後悔しています。(デブ発言)せっかく生卵が無料なので、卵かけご飯にして食べるのも良いと思います。そんな客の心境を読んで、テーブルにはTKG用のタレも用意されていました。皆さん、ご飯は必須ですよ(°▽°)

 

 

 



f:id:onion1124:20190909225152j:image

  

「拉麺小路」また来たいと思いました。他にも気になる店があったので、いつか全店制覇したいです。本当は京都代表の「ますたに」に行きたかったのですが、見た感じ20人以上並んでいたので今回は諦めました。次回、必ずリベンジします。皆さんも、京都駅に訪れた際はぜひ一度立ち寄ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

…では最後まで読んで頂き、有難うございました。

また次の記事でお会いしましょう。 

【きまぐれ料理】餃子×チャーハン、作りました。

 

 

 

 

 

   こんにちは、ONIONです。

 

 

 

   突然ですが、冷凍餃子は普段食べますか?

手作り餃子には及ばなくとも、冷凍餃子のクオリティーもかなり高いと感じています。スーパー等でよく買うのですが、そのまま焼いて食べてももちろん美味しい。しかし、もっと別の使い道があるのではないか、味付けがしっかりしているので、調味料にもなるのではないかと考えました。過去の記事で「冷凍餃子で焼きうどんを作る」という内容のものをアップしたのですが、今日は「冷凍餃子を使ったチャーハン」を作ろうと思います。今日は、実験的な料理です。

 

 

 

 

onion1124.hatenablog.com

 

   

 「焼きうどん」の時はかなりの納得のいく味になりましたが、あの時はめんつゆという何でも美味しくしてしまう魔法の調味料を加えていたので、その影響が大きいと分析しました。今回はなるべく、冷凍餃子の素材の味を活かそうと思います。

(アホなこと言ってんな自分…)

 

 

…では早速、調理を始めましょうヽ(´ー`)ノ

 

 

 

 

 

・「冷凍餃子チャーハン」材料

 


f:id:onion1124:20190907194610j:image

 

   材料はとてもシンプルです。冷凍餃子、白米、卵、醤油です。冷凍餃子の中にキャベツ、ニラ、にんにく等が入っているので、野菜は特に入れませんでした。今回は、前の記事で取り上げた「新福菜館」のヤキメシをイメージして、焦がし醤油風味のチャーハンを作ろうと思います。(かなりハマっています)

 



f:id:onion1124:20190908023833j:image


f:id:onion1124:20190907083027j:image

 

   まずはいつも通り、冷凍餃子を蒸していきます。2、3分ほど蒸すと皮がふやけてくるので、そのぐらいで蓋を開けて、餃子を刻んでいきます。普段、こんなにも餃子を刻むことはないので、少し罪悪感がありました。餃子から、肉汁や油がいい感じに出てきました。油は特にひかなくても良さそうでしたが、香り付け程度に胡麻油をちょっとだけ加え、風味付けに醤油を少し垂らして、味を決めていきます。

 

 

 

   あとはいつもと同じ要領で、ご飯と卵を加えてひたすら炒めていきます。チャーハンといったら、「べちゃべちゃ問題」がありますよね。なかなか思うような、パラパラのチャーハンが出来ません。(成功率35%)

 

 

 

  しかし最近気づいたのですが、始めはべちゃべちゃでも、根気よく強火で炒め続ければ、かなりパラパラになるということ。べちゃべちゃの原因は、「今日も失敗かー」という判断が早すぎた事だと思います。「現状はダメだけど、きっと未来は好転する」という意識で地道に頑張れば、上手くできます(たぶん…)

 

 


f:id:onion1124:20190907083011j:image

 

 

   今回は成功です(*´∇`*)

かなりパラパラの仕上がりになりました。塩コショウなどは一切しませんでしたが、味もしっかり付いていました。(濃い味が好きな方は少し薄味に感じるかも知れないです)

   よくよく考えれば、餃子とご飯が合わない訳ないですね。「餃子チャーハン」意外とアリだなと思いました。皆さんも是非、一度試してみてくださいね。

 

 

 

 

 …では今日はこの辺で。

  最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

   また次の記事でお会いしましょう。

【きまぐれ料理】味噌おでん、作りました。

 

 

 

   こんにちは、ONIONです。

 

 

 

   前に『ビールに合うつまみランキング』という記事を出したのですが、その中でマルサンの「どて焼」をオススメしました。先日、スーパーで買い物していたら、安く売られていたので二つほど買って参りました。今日はこれを用いて、「味噌おでん」を作っていこうと思います。最後まで読んで頂けると嬉しいです。 

 

 

 

 

 

・「味噌おでん」の材料


f:id:onion1124:20190902123354j:image

 

   具材は大根(半分)、ちくわ、こんにゃくを用意しました。調味料は酒、みりん、砂糖、赤味噌、めんつゆを使っていきます。今回は入れていませんが、生姜もあれば入れた方が美味しくできると思います。まずは下準備として、これらの材料を一口サイズに切っていきます。

 

 


f:id:onion1124:20190902131857j:image

 

   大根は、味が染み混みやすいように薄めのいちょう切りに、こんにゃくとちくわは、そぎ切りにして断面が広くなるように切っていきます。こんにゃくは、下茹でした方が良いと思いますが、面倒くさかったので今回はこのまま煮込んでいきます。冷蔵庫を覗いたら、いつぞやの茹で玉子があったので、これはちょうどいいと思い、ついでに入れました。(いつの奴かな?)

 

 

 

 

 

・作り方


f:id:onion1124:20190902133633j:image


   鍋に赤味噌、砂糖、酒、みりん、めんつゆを入れて、赤味噌ダマが無くなるまで弱火で混ぜ合わせていきます。味噌おでんは、少し甘いぐらいが好きなので、砂糖は多めに入れました。焦げ付かないように、じっくりとかき混ぜていきます。ダマがなくなり、五平餅のような甘辛い香りが漂ってきたら、そこに水をいれます。

 



f:id:onion1124:20190902140238j:image

 

   水を注ぎ、味噌が溶けるまでかき混ぜます。この段階でマルサンの「どて焼」も入れて、味を決めていきます。ホルモンが入っているので、汁にコクがでます。もちろん、「どて焼」は入れずに、そのままの味噌ダレで煮込んでも美味しくできると思います。最初にも述べましたが、生姜があるようでしたら、一欠片入れるだけで全然、味や風味が良くなるのでオススメです。

 

 


f:id:onion1124:20190902145224j:image


f:id:onion1124:20190902145416j:image

 

 

   先ほど切っておいた具材を入れていきます。鍋が大きいので、大根を丸々一本使っても良かったかもしれないです。あとはアルミホイル等で落し蓋をして、弱火でグツグツと煮込んでいくだけです。味噌おでんは、切って煮るだけのとてもシンプルな料理なので、オススメです。少し多めに作って、次の日にも食べたり、残った汁にうどんやご飯を入れて食べたりできるので、よく作ります。

 

 


f:id:onion1124:20190902150525j:image

 

   薄めに切ってあるので、二、三時間ほど煮込めば、十分味が染みると思います。煮込んでいる時は、たまに蓋を開けて、かき混ぜてあげると尚良いと思います。今回はトータルで二時間ぐらい弱火で煮込んだ後、一旦火を止めて一時間ぐらい寝かしました。タレから水分が飛んで、とろみが出てきたぐらいが完成の合図だと思います。

 

 


f:id:onion1124:20190902151543j:image

 

   「おでん」と言ったら、からしを付ける方が多いと思いますが、味噌おでんの場合は七味の方が個人的には合うと思います。ごはんとの相性は抜群で、ついつい食べ過ぎてしまいます。これから気温も徐々に下がっていき、おでんの美味しい季節になりますので、ぜひ一度試してみてくださいね(#^^#)

 

 


f:id:onion1124:20190902155636j:image

 

…では今日はこの辺で失礼します。

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

また次の記事でお会いしましょう。

 

 

onion1124.hatenablog.com

 

 

【肉そば けいすけ】肉を喰らいたいなら、ココに来るベシ!

 

 

 

   こんにちは、ONIONです。

 

 

 

   先日、名古屋駅に行ってきました。名古屋駅には私の大好きなラーメン屋さんがあるので、今日の記事で紹介させて頂ければなと思います。『肉そば けいすけ』という名前のラーメン屋です。名古屋の方では割と有名なお店なのだと思いますが、ここの醤油ラーメンが本当に美味しいので、記事にせずにはいられなかったです。

 

 

 

 

 

 ・『肉そば けいすけ』

 

 

  名古屋駅の近くにある「大名古屋ビルジング」の地下一階にあります。名古屋駅の金時計側の出口から外に出ると、分かりやすいと思います。大名古屋ビルジングの地下一階には、洋食から和食まで様々な飲食店があるので、ランチには困らないと思います。私は行ったことはありませんが、東京では有名な「もうやんカレー」もありました。

 

 

 

   「肉そば けいすけ」は食券制です。入り口付近に券売機が設置されているので、そこで食券を購入してから入店します。回転率が良いので、多少並んでいてもすぐに入れます。カウンター席とテーブル席があり、入店すると店員さんが案内してくれます。

   定番メニューは「肉そば 醤油」(790円)、味は醤油以外にも背脂、塩、味噌があります。今回は少し贅沢に、「肉そば 醤油スペシャ」(1200円)を注文しました。(ラーメンに関しては、金に糸目をつけない)

 


f:id:onion1124:20190831165621j:image

 

  「 向かい側のもうやんカレーも繁盛してるなー」なんて思いながらボーと待っていると、「肉そば 醤油スペシャル」がやって来ました。ご覧の通り、肉のボリュームが凄いですね。スペシャルだからという事ではなく、通常の「肉そば 醤油」でも、肉がたくさん乗っており、かなりの満足感だと思います。スペシャルだと、器の奥に乗っている大きなチャーシュー四枚と煮卵がプラスで付いています。

 

 


f:id:onion1124:20190831172012j:image

 

   けいすけさんの特徴の一つが、ネギの代わりに玉ねぎのみじん切りが乗っている事です。ネギや玉ねぎは正直得意ではないのですが、スープとの相性が良くて、これはアリだなと思いました。血液もサラサラになりそうです。

 

 

 

  そして、もう一つの特徴が🍥の上にちょこんと乗った生姜です。これがまたいい仕事をしていて、あっさりとした醤油スープに溶け込むことで、生姜の良い香りが湯気と一緒に立ち込めてきます。大量の肉も生姜や玉ねぎと一緒に食べることで、さっぱりと味わうことができます。

 

 

 

   自分はけっこう食べる方なのですが、そんな私でも「肉そば 醤油スペシャル」のボリュームはかなりありました。お客さんも男性の方が多い印象で、みんな肉を喰らいにやって来ます。もちろん肉をガッツリと食べたいという肉食系女子の方にもおすすめできるお店です。名古屋駅に来た際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

   最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。